カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
frost
 JUGEMテーマ:写真日記




気温が氷点下まで下がった。

お気に入りのいつもの散歩コースには白い霜が降りていて

朝の逆光に照らされた長い雑草の影をその上に落とす。

キーンと冷えた空気の向こうにオリンピック山脈の稜線が霞んでいた。

海は風も無く穏やかで、いつもはうるさいカモメたちの姿も少ないようだ。


岬まで歩いて部屋に戻ってくると約1時間。


早速ダウンロードしていたMac OSXのニューヴァージョンMervericksをインストールする。

Mac OSXに関しては、これ以上にアップデートを重ねる意味合いを見いだせないけど

まあ、値段もフリーになったし、使ってるソフトの不具合も最近はほとんど無いので

スキップせずにアップデートを重ねている。見えない部分のセキュリティなどの改善もあるし。


ところが油断大敵、今回は結構大きなバクがあった。

PhotoshopCS6のショートカット・キーが使えなくなっていしまったのだ。

自分の場合、ショートカット・キーが使えないとほとんど使えないことに等しいので

死活問題である。いろいろやってみたけど、問題は解決できず

ネットで同じ状況の人がいないか、どうか検索したら、これが結構いたのだ。


幸い解決法をアップしてる人がいて、

それに従い何とかショートカット・キーが使えるようになった。

と言ってもカスタム化された自分専用のショートカット・キーは使えなくて

初期設定のものだけどね。それでも大違いなのだ。


アップルとアドビの関係で、こんな大きなバグがあるまま

新OSがリリースされたのはちょっと信じられないけど

久々に昔のOSのアップグレードの不安感を思い出してしまった。

昔は絶対にリリースされたばかりのOSはインストールしなかった。

使ってるソフトにどんな不具合が出るのか、恐くて恐くて。


この問題はマイナーのシステム・アップデートで直してくれるはずなので

また自分専用のショートカット・キーのファイルを読み込めるようになるだろう。

忘れた頃にやってくる天災。大事に至らずホッとしたのだった。







風景 comments(0) trackbacks(0)
dry winter
 JUGEMテーマ:写真日記



この冬はドライ・ウィンターらしくて、去年に較べて雨量がかなり少ない。

夏場は雨が降らないので今、しっかりと降って森に水分を溜め込んで貰わないと

森に棲息する動植物も困る。川の水位も極端に減ってしまい、私の釣りの方も困る。


先日、モントリオールから戻ってすぐ久しぶりにカウチン川へ行ってきた。

スティールヘッド(降海型のニジマス)がボチボチ川へ上る時期なのだけど

川はまるで魚の気配がしない。現地のフィッシャーたちと話したのだけど

やはり雨が少なくて魚たちも川へ上って来ないとか。


雨が極端に少ない西海岸、大雪の寒波で凍える東海岸。

今年も世界的な異常気象は続くのだろうか。


















風景 comments(0) trackbacks(0)
triangle
 JUGEMテーマ:写真日記





普段、コンポジションを拠り所に風景写真を撮るスタイル。


この写真は何も考えずに撮ったら、偶然、


画面の要素が面白い相関関係を持っていたのだった。


手前の談笑するグループ、遠くを歩く二人、空を飛ぶカモメのトライアングル。


人物を得意とする人はこういう写真をうまく撮るのだけど


自分の場合はほんとに、たまたま撮れたという感じだ。














風景 comments(4) trackbacks(0)
chaos 2014
 



2014年はどんな年になるのだろう。

いろいろな問題が去年にも増して吹き出してきそうな予感。

それでもきっと、楽しいこともあるでしょう。

今年もこのブログを続けられますように。
















風景 comments(4) trackbacks(0)
driftwood
 JUGEMテーマ:写真日記



ここ暫く穏やかな日が続いて日中の気温も8、9度。

このくらいの気温だと今が12月の真冬なのだということを忘れさせてくれる。

こうやってみるとビクトリアの真夏と真冬の気温差は10度もないのだ。


来週の頭からクリスマス明けまでモントリオールに戻る予定。

久しぶりに息子の顔をみたり、古い友人たちにも会ってくるつもり。

昼間でも氷点下で凄く寒いらしく、それだけがちょっと気が重いのだけど。


そんなわけで暫くの間、ブログの方、更新を休みます。

みなさんも、良いホリディをお過ごしください。















風景 comments(4) trackbacks(0)
full moon
 JUGEMテーマ:写真

















風景 comments(2) trackbacks(0)
winter sky
 JUGEMテーマ:写真





ジャズ・ギタリストのジム・ホールが亡くなったとのこと。


次々とジャズの黄金時代を築いた巨人たちが倒れていく。


その柔らかい音色とブルースをベースにしない白人らしいフレーズが好きだった。


例えばピアノで言えばビル・エバンス系といえるかも知れない。


パット・メセニーはジム・ホールの影響がかなりあるのではないかなぁ。


ロン・カーターとのデュオでAlone Togetherというアルバムがあるのだけど


二人の伸び伸びとしたインタープレイが素晴らしくて今でも愛聴盤。


ロン・カーターは黒人だけどベースが黒っぽくないから


ジム・ホールとは相性が良かったようだ。


スタンダードの曲名と二人きりのアルバムという意味合いを掛けたタイトルがクレバーだよね。














風景 comments(0) trackbacks(0)
cowichan river photos
 JUGEMテーマ:写真日記

12月に入ってからビクトリアは珍しく冷え込んで昼間でも氷点下の日々。


今年撮ったカウチン川の写真を整理したので

自分の気に入った作品をピックアップしてみた。

たぶん過去に一度アップしていると思うけど、今回

色味、コントラスト、テクスチャーなど手を入れ直した。





自分の場合、釣りの記録としての写真を撮る場合ももちろんあるけど

写真作品のために「カウチン川」をテーマにしてるところがあって

そういう視点からカメラを覗く場合が多い。

簡単に言えば釣った魚は記録、風景は写真作品ということだ。


カウチン川はCanadian Heritage River Systemに選出されていて

まあ、日本語で言えば「カナダ名河川30選」みたいな感じかな。

カナダの中でも素晴らしい川なので後世に大切な遺産として残しますよ、ということで

バンクーバー島の中の数ある川の中ではカウチン川が唯一選出されている。

川の景観、そこに棲んでいる野生の動植物、トラウトやサーモンなどの

魚の資産も含めて、トータルに高いレベルを保っているということだろう。


島で発行されている釣りのガイドブック&マップの本があるのだけど

カウチン川はキャンベル川、ゴールド川に次いで

島で釣りたい川の第3位に堂々とランクされている。





私は去年からこの川に魅せられ、頻繁に通ってきて

ほぼ上流から下流まであらゆるポイントに立ち、ファインダーを覗いてきた。

この川は場所により大きく表情が変わるし、季節によってもまた大きく違う。

他のフィッシャーたちとも時々話すのだけど

カウチン川は川縁に立ってるだけで幸福になれる場所だ、ということ。

たぶん太古の昔から変わらない息吹きを感じることが出来るからかも知れない。


この川は基本的には日本のような護岸工事は一切されていなくて

上流から河口まで昔からほぼ同じ景色を保っている。

もちろん個人の別荘などが増えて野生動物たちの生態の変化はあったろうし

トラウトも昔は信じられないくらいの数と大きさだったらしい。


かなり乱獲されて魚の数が減ってきた時期を経て

ドイツからブラウン・トラウトを移入したり

サーモンの放流を増やすなど川の魚資産の回復に努めたとのこと。

川沿いのトレッキングコースも動植物に極力影響を与えない作り方をしており

そのあたりは森林の多い国であるカナダは沢山のノウハウがある。





来年はこの川に立ってどんな景色をファインダー越しに見る事が出来るのだろうか。















風景 comments(3) trackbacks(0)
winter river
 JUGEMテーマ:写真日記




古いテクスチャーを写真素材にオーバーラップさせるのが好きだ。

もうこんなことを4、5年はやってるだろうか。

自分の写真作品のトレードマークになっている。

2種類、時には3種類の異なる素材を重ねる場合もある。

オイルペインターがリネンやコットンのキャンバスを目の荒さを

選ぶ感覚に近いのかもしれない。


素材によってテクスチャーとの相性があるので、各種レイヤーに乗せて見る。

透過方法によってもテクスチャーの現れ方は異なるのでそれもチェック。

大切なのはテクスチャーが写真素材と共存できるスペースを与えること。

そうなると込み入った構図やアングルは素材には不向きで

必然的にミニマルな素材を選択することになるのだけど。


何かを新しく加えて効果を期待する場合

まず何かを引いて十分な空間を作ってあげることは大切だと思う。














風景 comments(0) trackbacks(0)
church by the river
 JUGEMテーマ:写真日記




カウチン川はダンカンという小さな町の中を

蛇行してその流れを海に注いでいる。

普段はこの町を素通りして上流で釣りをするのだけど

最近はサーモンがこの付近に溜まっていると聞いたので

町中のスポットをあちこちロッドを持って歩いていたのだ。

町中といっても川沿いなので別にこれといって何もないのだけど。


川辺の空き地に目に飛び込んできたのは平屋の教会。

山の分校のような佇まいで教会が持つ煌びやかな雰囲気は一切ない。

なんとも素朴でむしろそこにこそイエスの教えのエッセンスが

あるのかもしれないなぁ、などと釣竿を持った無神論者は考えた。












風景 comments(0) trackbacks(0)
| 1/15 | >>