カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ice storm x'mas
 JUGEMテーマ:写真日記


昨晩、モントリオールからヴィクトリアに戻ってきた。


折しも氷点下20度近い寒波が北米東部に襲来、トロントやケベック州の一部では


アイスストームとなりクリスマス中も停電となった家が数万件あったらしい。


電気が止まったため暖炉だけで暖を取ろうとして一酸化炭素中毒の二次災害が多発、


病院に担ぎ込まれる人も多数いた模様。


幸い私が滞在したモントリオール市内は停電は免れたので


クリスマス当日は親しい友人宅に呼ばれ美味しいターキーに舌鼓を打った。


久しぶりに友人たちとワインを酌み交わしゆったりとした時間を過ごすことができたのは


寒さに凍えていた多くの人たちに較べればラッキーなことだった。




さて、義兄に渡したクリスマスプレゼントはとても喜んで貰えた。


写真撮影からプリント、額装まですべて自分で作った完全オリジナルの一品。


晩秋のカウチン川でフィッシャーが1人佇むオレンジ・イエローの写真。


写真が持つクラシックなテーストがフレームとマッチして自分でも満足の仕上がりとなった。


今回はマットの内側にフィレットという小さな木の枠を


はめ込みアクセントにしたのだけど、これがとても効いていた。


プリントサイズは大きめなポストカードぐらいで、マット系の用紙を使用。


プリンターはエプソンのごく普通のA4サイズのプリンターを使用したのだけど


写真モードでプリントすればとても綺麗で発色も悪く無い。


マット系の用紙は色味が沈む傾向にあったのだけど、近年かなり改良されてきており


極端に色味が沈むようなことは無くなってきたように思う。







フレームに関してはバイト先から素材を譲って貰って、仕事の合間に組上げた。


マットの色はアイボリーよりも強めのセピア系の色味。


写真とフレームの橋渡しとなるマットの色味はアイボリーでは明るすぎるという判断だ。


自分も含めてデジタル写真を撮る人たちというのは


撮影後、色調などの補正をしてブログにアップという形で終わっていることが多いはずだ。


しかしそれをプリントし額に入れてみるとまったく異なる伝わり方をすることに驚く。


まあ、自分の場合はフレームショップでバイトしているので材料の入手は容易だし


専用の機械が揃った作業場もあるので、最後まで自分で出来ることだけど


通常、この手の額を外に発注すると案外に高く付いてしまうもの。


自分の立場を気軽に利用して、今後も写真のフレーム制作を是非続けていきたい。


味をしめたので今度は自分の油絵のフレームを作ってみようかな、などと考えている。







小物 comments(4) trackbacks(0)
showwindow photos
 JUGEMテーマ:写真



ディスプレイの写真というのは、100%それをディスプレイした人の感覚に依存する。

撮る側は、ただそれに気が付いて、カメラに切り取っただけである。

まあ、それに「気が付く」というのは写真の基本で、もちろん大切なのだけど

どうしても他人のふんどしで相撲を取るような意識はつきまとうような気がする。

それが気に入らなくて、構図やら色調補正やらで何とか自分らしさを出そうをするのだけど

素材を超えることはもちろん出来ない。そこがスナップ写真の限界。

でも、自分なりにまとめてみました、と眺めてみるのが写真の楽しみなのだろう。





ところで寄りのディスプレイの写真は、やはりボケの力が非常に大きい。

要らない部分をボカすことで見せたい部分が強烈に際立ってくるからだ。

普段、あまり使わないノクトンの明るいレンズは

この手の被写体には絶対的な存在感を示してくれる。

普段はあまり使わないから、売りに出そうかと考えていたのだけど

やはり手元に置いておいた方が良さそうだ。

Hardyのサーモン用のリールの資金にしようかと邪な事を考えていた。(笑)





GF1 + Nokton25mm 0.95 + Camera Raw 7.1 + Photoshop CS6




 

小物 comments(0) trackbacks(0)
トレジャーハント
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 





コテージの裏手にあるデッキには

ありきたりな貝殻が無造作に並べられている。

コテージに泊まった家族、特に小さな子供などが海岸で拾ってきたものだろう。

ありきたりな貝殻でも、海のトレジャーを見つけた!という嬉しさが

こちらにも伝わってくるようで、ちょっと温かい気持ちになります。




LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 




人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(0) trackbacks(0)
椅子
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 




コネティカットの素材を何点か、正方形でトリミングして仕上げてみた。

本来なら最初から1:1で撮るべきなんだろうけど、

トリミングに無理がなくて写真が強くなるのならそれもアリなのかと思う。


3:2、つまり昔からの35mm相当に設定していたけど

1:1への汎用性という意味では4:3の方が何かと便利。

ただ3:2は横に長い分だけ、空間を利用できるおいしいメリットがあって

いまひとつ4:3に変更できずにる。トリミングすりゃ、いいだけの話なんだけど。

本来、仕上がりの段階で個々の写真の比率がバラバラでも問題ないはず。

だいたいアナログのモノクロ・プリントなどそうなわけだし。

でも毎回個々の写真をトリミングって、やはり面倒くさい。

シャッターを切るときに一度構図を決め、言わばトリミングしてるわけだし。

GF1には登録してダイヤル・クリック一発で呼び出せる機能があるので

1:1と他の比率を使い分けるという手はあるのだが。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(0) trackbacks(0)
真夏の洋梨
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 





人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(0) trackbacks(0)
ひぐらしの、カメラ
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX DMC-FX35





本日は撮影機材の紹介。

といっても、今、メインのカメラはこんだけ。

キャノンの一眼は息子が使ってるので、パナソニックのGF1一台っきり。

このカメラ、サイズと機能のバランスがとてもよろしい。

自分の今の写真には、このカメラのシステムで必要にして十分。


この携帯性でレンズ交換が出来て、

しかも古い各種のレンズも使えるのは画期的。

綺麗に写るけど画一的になりがちなデジタル写真に

温かい肌触りを加えたければ

古い味のあるレンズを使うのが手っ取りばやい。

私の場合は、ソフトウェアのサイドからも

アナログ風に見えるアプローチをしている。

目的の山へ向かうにはいくつかルートがあるわけね。

自分だけの秘密のルートを見つけ、目的地へ向かうのも

写真の楽しみのひとつだ。


写真はKern Switar 25mm f1.4という古いシネレンズを装着。

何となくクラシカルな雰囲気でなかなかの男前。

Mフォーサーズでは50mm、つまり標準の画角になり使いやすい。

このレンズでモノクロを仕上げると何とも言えない味がでる。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(6) trackbacks(0)
鶏卵
2010.07.16 Friday 19:51
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 






人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(2) trackbacks(0)
羽化
2010.07.12 Monday 02:53
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 + G Vario 14-45mm




この時期、沢山見られるシャッドフライという大型カゲロウ。

2センチから3センチの大きさでかなり大きい。


これに近いサイズのグリーンドレークというカゲロウが

やはりトラウトの川で羽化するので、そのドライフライの釣りが

この時期、フライフィッシャーたちの大きな楽しみ。

フライが大きいので釣りが楽だし、魚も躊躇しないで食いつく。


長い間、川底を這い回りやっと羽化しても2、3日の命。

しかし川底から空に飛び上がる瞬間はどんな気持ちだろうか。

人間の場合、肉体を脱ぎ捨てて魂に羽化するのは昇天するとき。

やっぱり歓喜に包まれるのでしょうかねぇ。今から楽しみ。w




人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(0) trackbacks(0)
変わらないモノ
2010.06.13 Sunday 19:49
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 + Kern Switar 25mm f1.5





息子の愛用のシューズはなぜか

私が学生の時に履いていたものと全く同じ。

コンバース・ジャックパーセル、1935年発売。

キャンバス地のオールスターとジャックパーセルは

夏場、玄関周りに何足もゴロゴロ。

足のサイズも全く一緒なのでよく間違える。

夏になるとこの白いジャックパーセルの

洗いざらしを素足に履きたくなる。

変わらないモノがいつも側にある幸せ。




LUMIX GF1 + Kern Switar 25mm f1.5






人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(2) trackbacks(0)
誕生日
2010.05.03 Monday 01:14
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 20mm f1.7




誕生日の朝は日曜日。

私は53歳のジジイになったよ。

早めに起きていつものようにバナナマフィンを作り、

家人からは本をプレゼントされました。

前から欲しかった広重の画集とちょっとしゃれた写真集。

裏庭には野ウサギのピーターも駆けつけてくれました。

ありがとう、エブリバディ。



LUMIX GF1 20mm f1.7



LUMIX GF1 20mm f1.7



LUMIX GF1 20mm f1.7



LUMIX GF1 20mm f1.7




写真は撮って出しのノーレタッチ。

これで別に問題ないではないか。

なんで、いつも時間をかけて色調補正なんかするのよ。

肩の力を抜いて構図も考えずにパチパチ撮って、

パっとブログにアップすればいいだけだ。

これでいつもイケたら楽ちんだなぁ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
小物 comments(8) trackbacks(0)
| 1/3 | >>