カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
sooke river | oct 17
JUGEMテーマ:写真日記
 

上流部の様子をチェックしておこうと川沿いを上っていった。年配のフィッシャーとロッドを手に持たずにポイントを指差している男が川に立ち込んでいる。あれ、ガイドのイアンだ。おーおー、久しぶりと笑顔で握手。今日はガイドの仕事でこのスークへやってきたらしい。島のいろいろな川の情報を交換して、先に進もうとすると、ここから先は大きなブラックベアーが数頭目撃されてるから行かない方がいいよ、とのこと。げ、クマか。人を襲うことは滅多にないけど、出来れば出会いたくない。上流部のチェックはあっさりと止めてそこからUターン。イアンも頷いて笑っていた。サーモンのシーズンが終わったら、また彼のスペイのキャスティング・レッスンでも受けよう。

釣りをしていて、ふと後ろを振り向くと樹に看板。なんと、ここの家と土地は売りに出ているのだ。これって、絶対にサーモン・フィッシャー向けに付けた看板だ。だって一般の人はここには立ち寄らないから。5エーカーあって、リバーフロントか。釣りと趣味の農園でもやるなら確かにいい。でもこの川って、BC州が管理しているから別にプライベートの釣り場ではないのだ。本来フィッシャーは他人の土地には入れないけど、川添いは歩いて釣りすることはできる。土地は個人の持ち物でも、川は共有財産なので結局他人が入ってきて釣りをするのは止められないのだ。ここだったらフィッシャーに対してリバーフロントを謳うメリットはあんまりないかもなぁ。自分の敷地からすぐにサーモン・フィッシングできるメリットはもちろん、あるけど。

その時、足場のよい岸の反対側で釣りをしていた。川を横切って戻ってくる途中、100匹くらいの大きな群れを川底に見つけた。自分のところから20メートルくらいか。水の透明度が高いので良く見える。サーモンはまだこちらの存在には気がついていない。まだ河口から上ってきたばかりのフレッシュなグループだ。すかさず川の途中でラインを引っ張り出して思い切りキャストしてフライを群れの頭のあたりに着水させる。カウントを取り、サーモンの層に沈んだ頃にゆっくりとリトリーブするとフックが根掛かりしたような感触があり、その後ラインはツーっと群れから離れて右へ走り出したと思った瞬間、予想を遥かに越えた地点での大きなジャンプ。でかい。たぶん今季のチャムで一番でかい。その後、何と自分の足下へ突っ込んできたと思ったらUターンしてまた群れに戻り、仲間のサーモンたちを蹴散らした。あまりの暴れっぷりに大きな奴の尻尾にフックがスレでかかったのかと思った。口に掛かればいかに大きくとももう少しコントロールが効くはずだ。時間を掛けてジリジリと岸辺へ寄せてランドしたチャムはオスでフレッシュな個体、レギュラーサイズよりも一回り以上でかい。20ポンド弱くらいかな。チャートリュース&ブラックのビードヘッド・ウーリーはしっかりとマウスの端にくい込んでいた。それにしてもあまりに乱暴な釣りだ。群れ目がけてフライをぶち込み、一匹くらいちょっかいかけてくる奴がいるだろう的なやり方。実際、でかいのが手を出してきた。サーモンの釣りは状況によりいろいろとあるのだ。

fishing - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>