カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
reflection
 JUGEMテーマ:写真




先日の川の素材を印象派絵画風に補正してみた。

元々がヘビーなPhotoshoperということもあり、この手の補正には抵抗ないし

自分の中ではそもそも絵画と写真の区分けが曖昧なのである。


この手の補正はPhotoshopの中でトーンカーブを中心にゼロから作ることもあるけど

最近は、一定の「偏り」を見たいのでフィルターを使うことが多い。

NikのColor Efect Proの中で極端な色の「偏り」を試すことで

全く意図していない方向が炙り出されて、それが案外に面白い場合があるのだ。

それを行くべき方向のベースに据えて、その後ノーマルのPhotoshop作業に戻り修正を加える。

テクスチャーはこの段階でレイヤーに加えて、透過状態を選択する。

透過させる条件も沢山あり、見え方はかなり違ってくる。


フィルターの使い方としては素材に対して一発掛けて終わりではなくて

そこを発想のスタート地点に「改善」するという姿勢がやはり大切かと思う。

つまりアイデアだけ借りてフィニッシュは自分の好みにしてしまうということ。

写真にフィルターの判子を押される前にスルっと逃げてしまうのだ。(笑)

















風景 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>