カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
あちこち、フラフラ

息子は今年26歳になるのだけど

半年、仕事でブリュッセルに滞在したことをフルに利用し

毎週末ヨーロッパの各地を旅しまくっていた。

金曜の夜になると独りで飛行機に飛び乗るのだ。

ロンドン、パリ、ストックホルム、リスボン、ウィーン、モスクワ..

今回の南イタリアの旅はまるまる2週間使っての

言わばヨーロッパの旅の締めくくり。

 

自分が彼の歳には東京で仕事ばかりで旅する余裕などなかった。

毎晩、仕事が終わると呑み歩いていた思い出しかない。

ま、それはそれで意味があったし学んだことも多かった。

旅することから学ぶこともあるし

呑み歩くことから学ぶこともあると思う。

 

自分の場合も結局、30歳を過ぎて日本を飛び出してしまった。

そして今も、カナダの西の端にとりあえず住んでるだけで

自分の人生の展開が変わる潮目をどこか持ってる感覚がある。

もう家を買うつもりもないし、いつでもどこにでも

移動できるように身軽でいたいと思っている。

本もほとんど捨てたし、持ってるモノも少ない。

 

親子揃って、そんな性格なのかも知れないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








この頃、うちは母娘そろって
ヨーロッパの最西端(ポルトガル)に滞在していました。
母に似ない娘(息子一家はパリ在住)に
迷子にならないように!と旅先で注意され・笑

子供たちは、私たちの大学〜20代と違って
どこでもヒョイ!と行って、頼もしい限りです。
孫もそんな感じで、パリからの電話では
「明日、こっちにピューっておいでぇ〜!」と
簡単に行けませんがね。

お互い歳とりましたね・・・。

takochan.



from. fuuchannmam | 2016/10/28 14:26 |
tacochan

コメント、ありがとう。
tacochanのところもなかなかインターナショナルだね。
ポルトガル、凄くいいらしね、息子が言ってました。
私は一度、リスボンに行ってみたいです。

まあ、あの頃からかなり時間が経ちました。
来年は還暦です。うちの亡くなった親父が
赤いチャンチャンコ着てたのを覚えてます。
でも60過ぎたら、あとは70も80も同じですよ。
体力的には落ちていくけど、気持ちはその人の持ち方次第。
好きなこと、ドキドキすることを続けていきたいですね。
from. matsu | 2016/10/28 22:56 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/1440
<< NEW | TOP | OLD>>