カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 20mm f1.7 + Ps CS4



LUMIX GF1 20mm f1.7 + Ps CS4



朝一番の用事を終わらせて

繁華街のセント・キャサリン通りを歩いていたら突然の雨に見舞われた。

近くのスターバックスが入っている大きな書店へ緊急避難。

暫く止みそうもないので、マフィンとコーヒーを手に窓際へ。

大きなガラスに面した2階スツールから雨のため右往左往する人を見たり、

ビルの看板を眺めたり、車の流れを見たり、無為に時を過ごす。

移り行く街の風景は5秒として同じ形を保っていないけど、

私の時間は止まり定点の観察者だったことがとても心地良かった。



LUMIX GF1 20mm f1.7 + Ps CS4



LUMIX GF1 20mm f1.7 + Ps CS4





人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
 comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんにちは。

3枚目の写真きてますねぇ。
見た瞬間やられたっ、て思いました。
かっこいいです。
from. vangogh | 2010/05/08 02:10 |
vangoghさん、
こんにちは、いつも励みになるコメントをありがとうございます。
ところで自分でアップしておいて何ですが、モノクロ写真に関しては何がキテるのか自分で分かってないところがあります。そうですか、やられたんですか。やったっ、という自覚が無いのはまずいですよね、やっぱり。
from. matsu | 2010/05/08 04:06 |
この写真はガラス越しに撮られたんですよね。
ガラスに写りこんでいるものがあるため、2次元でも3次元でもなく、4次元的な奥行きを感じるおしゃれな写真になっているので、かっこいい、やられたぁ〜、って感じました。
こんな手法もあるんだなぁ、って勉強してしまいましたよ。
色という情報がない分、モノクロはこういった追加情報には敏感になりやすく、効果的なのかもしれません。
いずれにせよ、かっこいいと思いました。
from. vangogh | 2010/05/09 11:20 |
ガラスの反射がうまく絡んでくれるか、自信がなったのですが、素材に情報があれば増幅できますからね。撮るときに気がつきましたが、それでもたまたま雨という条件が重なって、外側の反射が抑えられたためなんでしょう。所謂アクシデントですが、こういうところが写真のおもしろさだと思います。ところで、最近の人物のない写真、とてもいいですね。一見普通なんですが、高いレベルですべてがコントロールされてます。
from. matsu | 2010/05/09 18:24 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>