カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
街の影
 JUGEMテーマ:写真日記

LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 




外の光が強いときは影を強く意識するようにしてます。

写真の対象そのものは実はあまり見ていなくて

光と影がどのように画面を分割するのか、そのバランスは心地良いのか

画面の緊張感はあるのか、そんなことを考えてるようです。




LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 




パナソニックのG20mというレンズは

とても切れ味が鋭いので建物などエッジが立つ対象や

コントラストが効いた光と影の描写にはとてもマッチします。




LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 




ただ、その鋭い切れ味を引き立たせるには

それなりのセットアップが必要で、余分なモノを整理するような工夫が必要。

好き嫌いはありますが、モノトーンにするのは手っ取り早い方法かな。




LUMIX GF1 + G 20mm f1.7 




しかしこういう写真ばかりだと、どうも疲れてしまうので

Switarでの柔らかめのカラー写真も撮り始めてます。

適当にカラーとモノクロを織り交ぜてアップしていく予定。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
建物 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








パナソニック機は内部で歪曲収差を補正しているので…(建物を撮るのが楽しくなりますね)。
その分、他のカメラを使うと…(あれ…?)。
…フィルム撮りを始めてからの、自分の話です(どうして、こんなに歪むのかな、と…)。 (=∀=;А
from. gishiho | 2010/09/19 09:38 |
内部で補正というか、レンズだと思うのですけど。
パナの20mは歪みがないですね。
Switar25mを使うと歪みまくりで引きの建物は辛いです。
意識してその特徴を出すという手はありますけど。
from. matsu | 2010/09/19 20:51 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>