カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
雪の足跡
 JUGEMテーマ:写真

EOS Rebel XSi + ANALOGCOLOR + Ps CS4






Tim Hortonはポピュラーなファーストフード・チェーン。

紙のコーヒーカップにレトロなホッケーのイラストが入ってます。

お父さんたちは早起きして子供たちをホッケーの朝練へ。

家でコーヒーを飲む時間がないので、途中、Tim Hortonへ立寄ります。

これがカナダにおけるホッケーとコーヒーの関係。





よろしかったら応援してください

人気ブログランキングへ
路上 comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








この写真、すごくいいですね!
「つぶれたカップ」、「靴あと」という、ともすれば冷たく映る要素が並んでいるにもかかわらず、とてもファンタジックで温かい印象を受けます。
カップの中の男の子も素敵なアクセントですね。
from. Y | 2010/01/26 02:43 |
Yさん、
いつも、ありがとうございます。
やはりコーヒーカップの絵柄だけで成立しているんですね、この写真は。下を向いて歩いていると、時々おもしろいものに出会うのでやめられません。(笑)
from. matsu | 2010/01/26 09:34 |
 物語を感じる画ですね(色彩も、雪の白が若干、赤系になっているような…?)。
 拝見して、何だかホッとしてしまいました(千葉も先日、雪が降りまして…)。 (^_^)ゞ
from. gishiho | 2010/02/03 22:09 |
gishihoさん、
いつも古いものから順番にコメントをくださって、ありがとうございます。じっくりと見て貰ってると思うと嬉しいです。色調はいつも頭を悩ましてます。これも一見ブルー系ですが、雪の中にマゼンタ系を多少かぶせてます。カップの赤いロゴとの対応で、おっしゃるように暖かみを意識しました。現実の色味との距離がありすぎると嘘っぽくなるので、そのあたりのさじ加減ですよね、色調の難しさは。
from. matsu | 2010/02/03 22:28 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/53
<< NEW | TOP | OLD>>