カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
午後の逆光
 

EOS Rebel XSi + ANALOGCOLOR + Ps CS4




景色をありのままに写し撮ることには全く興味がありません。

見た光や色彩を自由に解釈してイメージを定着させる。

切り捨てるものや増幅させるものを完全にコントロールして、

心の中に描いた像と一致した時にエクスタシーを感じます。

それは最初の景色からどれだけ離れたかという距離の問題ではありません。

距離がなくても感じる場合もあるし、またその逆ももちろんあります。

アナログからデジタルとなってから写真というカテゴリーの枠が

他の領域にどんどん浸透して行きました。

それはデジタル写真そのものも他者の侵入を受け入れて

混じり合っていくということです。自分もその侵入してきた一人ですが、

これから、もっと面白くなる気がします。楽しみです。



これも楽しみです、応援の2クリックを

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
ミニマル comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんにちは。

冷たい大地と寒い空、なのに温かさや優しさを感じますよね。
休日の午後、陽が差し込む暖かい部屋の窓際で感じるような、そんな光の色をmatsuさんのどの写真の中にもうっすら感じます。

写真の色ってただ単に何かの色をかぶせればいいんじゃなくて、
本当微妙で絶妙なバランスの上で成り立ちますよね。

僕は何度もやり直しながら、感覚的にここだっていう色を探しますが、出来たときにはやっぱり嬉しいですね。

matsuさんの写真の色はとっても好きです。
from. | 2010/02/02 23:19 |
こんにちは、?さん、
お名前がなかったので?で失礼します。コメントをありがとうございます。
写真の色調はほんとに微妙で、単に色だけの問題ではなくて写し撮ったテーマとも関連してくるように思います。素材の段階である程度予想しますが、色調作業でなかなかハマらずに苦労することが多いです。力技で変えたものはどうしてもバランスを崩すことが多いようで、そういうものは躊躇わずボツにします。そのあたりは無理は禁物で、自分の内側の感性の声に耳を傾けることが大切ですよね。
from. matsu | 2010/02/03 06:58 |
matsuさん、

こんにちはvangoghです。
上記のコメントは僕のものです。すみませんでしたぁ。
from. vangogh | 2010/02/03 11:14 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>