カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
unknown cove #2
 JUGEMテーマ:写真日記




にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

↑いつも応援、ありがとうございます。




crispy color comments(9) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんは
湖から岸辺に向かって、強い風が吹くのでしょうか?
枝などのフォルムの動きがラヴェルのピアノソロのようです。

岸辺の手前のあたり
陽や影の交錯する枯れ草のマチエールと
光を受ける緑の残った下草の姿に
絵作りの工夫を感じます
from. hiroships | 2011/11/10 21:13 |
追伸です

コメントさせて頂いた岸辺のマチエール
ふと、アンドリュー・ワイエスを思い出しました

こちら側(日本)のドメスティックな没個性を
忘れさせてくれるmatsuさんの表現をいつもとても楽しんでいます
from. hiroships | 2011/11/11 06:21 |
hiroshipsさん

この朝はほとんど風が無かったようです。
陽を低い位置から背に受けて撮っただけですが、
自分の後ろの樹々の影が投影されて変化のある画になったようです。
この手の風景は、いつもほんとに何もしてなくて
適正で撮ってjpg出しのPS、トーンカーブ一発補正です。
枯れ草などの緻密な表現が、G20mmのjpgにおける恐るべき解像力に
とてもマッチしてるようで、アンシャープマスクも要りません。
私はcrispyな写真は、G20mmに絶大な信頼を寄せており
多少画角が合わなくても、強引に使ってますよ。w
色調に関してはおっしゃるように、枯れ草と言えばワイエスなので
頭の片隅に色味が残ってるのでしょうね。
from. matsu | 2011/11/11 06:39 |
matsuさんへ

デジカメinfoより
>SLR Magicがm4/3用のHyper Prime 12mm F1.6を発表

かねてから、デジカメWatchでも紹介されている
SLR Magic(たぶん香港製)のm4/3マウント大口径マニュアルレンズ
おもに動画用とコマーシャルされていますが
スティルも面白そうです。
手頃な価格とこれからの商品展開が楽しみです。
すでにご存知かと思いますが...
from. hiroships | 2011/11/11 20:13 |
いいですねぇ、上手いです〜
僕は風景写真が下手で、撮ってみても詰まらないカットが多いのですよ。
絵にならない場所を絵に仕上げる感性と技術が不足しているようです、トホ。
from. monopod  | 2011/11/12 04:02 |
こんにちは。
いつも「きれいだな〜」と、ぼーーっと見ている私ですが、
プロの方に視点を拝見して、なるほど……と面白がっています^^
シロウトの私から見ても最近のお二人のお写真はともにレベルアップしているような気がして、
おふたりは良い関係だな〜、うらやましいなと思っています^^
元気の出る日にコメントくださり、ありがとうございました!
実はシャイな性格なのでなかなかコメ欄あけられないのですが、
やはり、お声をいただくと嬉しいものですね^^
from. bouquet-n | 2011/11/12 11:40 |
hiroshipsさん

インフォ、ありがとうございます。
私も面白いレンズだな、と思ってました。
サンプルの動画をみましたけど寄れるし、使い道が広そうです。
Nokton25mm f0.95と組み合わせて、変な世界が作れそうな気がしますね。
価格は見ませんでしたが、手頃な値段なら考えたいです。
from. matsu | 2011/11/14 10:14 |
monopodさん、

ありがとうございます。
いえいえ、過去に素敵な風景写真が沢山アップされてましたよ。
絵にならない場所を絵にするのは楽しいですよね。
私の場合は、トーンと色彩でごまかします。w
from. matsu | 2011/11/14 10:14 |
bouquet-nさん

ありがとうございます。
みなさんとセッサタクマしている感じがします。
そちらの写真もレベルアップしていると思います。
カメラのせいだけではなくて、マインドの変化でしょうか。
from. matsu | 2011/11/14 10:14 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/625
<< NEW | TOP | OLD>>