カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
tone & color
 



このまえ頂いたコメントにもあったのですが


絵にならない写真、一応押さえてはみたけど、まあ、ボツかな的な写真を


どうするのか、という問題。もちろん、色調とトーンの補正でどこまで


写真の質を引き上げるのかという話なんですが。それ以前の構図などの要素は


とりあえず置いておきます。


実は絵になり難いテーマは構図である程度救済できるのですが..


私の場合、大まかにノーマルのレンズである程度の解像力を活かした方向と


古いシネレンズでノイジーでラフに仕上げる2方向あって


アプローチの仕方が全く違います。


本日の写真は前者の方向ですが、PSのトーンカーブにある


クロスプロセスから発展させたオリジナル・パターンを幾つか保存してまして


まずはここを取っ掛かりにして素材が生きてくれば微調整を繰り返します。


トーンカーブは色調とコントラストをこれ一つで調整できるのが強みで


大まかな方向を探るのに便利ですし、慣れてくると最後の仕上げまで行けます。


ここで生きなければすっぱり諦めてゴミ箱行き。


ゴミ箱の前にモノトーンで一応確認します。


モノトーンにした途端に生き返る素材がたまにあるのですよ。








にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

↑いつも応援、ありがとうございます。

crispy color comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんは、以前一度だけコメントさせてもらったベベブです。

相変わらずmatsuさんのブログは毎日かかさずチェックさせてもらっていました。
写真を始めて1年そこそこなのですが、matsuさんのブログでかなり勉強させてもらってます。
僕の中でmatsuさんの写真は圧倒的です。

こちらのブログはコメント欄を含めてとてもレベルが高いのでコメントするのを躊躇していましたが(汗)、これからも参考にさせていただきます。
では。
from. ベベブ | 2011/11/19 01:27 |
ベベブさん

コメントをありがとうございます。
ブログが少しは刺激になって頂けてるようで嬉しいです。
コメントを下さる方々のブログを拝見すると
確かにレベルが高いと思います。
でも趣味の遊びのことですから、皆さん同じ仲間です。
お気軽にコメントをお寄せくださいね。
レタッチのことなどで疑問があれば、
是非、遠慮なくお聞きくだいませ。
from. matsu | 2011/11/19 09:33 |
先日はコメントを有難うございます。

写真も記事も・・・とても勉強になります。
レタッチに関しては知識・技術共に未熟(あぁ、写真も)なものですから
これからも参考にさせて頂きます!
from. tya-i | 2011/11/20 06:33 |
tya-iさん

コメントをありがとうございます。
いえいえ、こちらこそいろいろ刺激になる写真を
拝見させて頂きました。これからもお気軽にお寄りくださいませ。
from. matsu | 2011/11/20 07:45 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/634
<< NEW | TOP | OLD>>