カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
melancholy
 



同じ「乾きもの」なんですが


昨日書いた「湿った」写真って、こんな感じです。


私の気分をご理解頂けますでしょうか。


レタッチのプロセスが異なるので


G20 f1.7と単純比較はできませけど


まあ、かなり違いますよね。







描写の柔らかさを求めるというよりは


こういう色調を、今の私の気分が求めていて


そのためには「乾いた」良く写るレンズじゃだめなんだ


ということなんだろうと思います。


レンズは、Kern Switar 25mm f1.5 AR C












にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

目玉を1プッシュ、ありがとうございます





noizy color comments(6) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








今日初めて拝見させていただき、お写真にとても感動しました(^^*)
今日のこの作品や昨日の記事の作品などがとても好みのタッチだったのです★

最近紅葉を撮るのに夢中になって撮って回ってましたが、撮れた写真はほんとの自分の好みのものは少なくて・・。
地域の写真協会に入っていると、そこでウケる写真と自分の好みの写真とは全然違っていて、ついつい協会で評価されそうな写真を撮ろうろしてました。
でもそんな気持ちでいても良い写真はあまり撮れませんね。
素直に自分が好きな作品を作りたいなと思いました(^^)

また過去のお写真なんかも見せて頂きますね!
from. cherry-mmm | 2011/11/28 22:42 |
僕はフィルムで撮影した写真に湿度を感じたりするんですが
それはフォーマットの大きさによるボケの量や粒状感、
色調や階調など、つまりフィルムによる要因が大きいのだと思っていました。

matsuさんの写真を拝見していると、レンズの要素も大きいのだなぁ・・・と
改めて認識いたしました^^

11/26の写真、pentaxレンズのボケ方はすごいですね・・
from. bikegon | 2011/11/29 01:03 |
シンプルに伺いますが
これらのレタッチはAcolor経由でしょうか?
近景に対象物がある場合に
もう少し細部の再現性をキープすると
周囲のレンズの風味がより活きるのではないでしょうか?
たとえばPhotoshopでレイヤーマスクで重ねて細部だけブラシイレイサーで浮かび上がらせるなど...
湿った世界の中にも、モノのリアリティが僅かでもさらに明確になったなら
その写真を撮った心の向きが、もっとこちらに突き刺さってくるかも知れませんね。
あくまで、僕ならこうします、という個人的感想ですが...
2枚目の植物のフォルムがこちらを見つめてくるような気配が僕は好きです。

from. hiroships | 2011/11/29 02:43 |
cherry-mmmさん

コメントをありがとうございます。
そちらのブログも拝見させていただきました。
北の方にお住まいでしょうか、景色がそんな雰囲気ですね。

人に受ける写真と自分のやりたい写真のズレは必ずあると思います。
あって当たり前ですよね、感覚がそれぞれ異なるのですから。
受ける受けないに関わらず自分がやりたい方向に向かうのが
一番無理がないですし、自分を偽らなくて良いので楽という気がします。
ただ、自分の方向もその日の気分で変わるというのはあるんですよね。w
これからも宜しくお願いします。
from. matsu | 2011/11/29 03:55 |
bikegonさん

コメントをありがとうございます。
フィルムのプロセスには人の手触りが入ってきて
それが柔らかい味になるのでしょうね。

古いレンズや手でフォーカスを合わせる作業が
デジタル写真のプロセスに入ってくると同じように
変わってくるように感じます。

あのレンズは背景がグルグルと回る変なレンズなのですよ。w
from. matsu | 2011/11/29 03:56 |
hiroshipsさん

コメントをありがとうございます。
この3点はAcolorは使ってないのですよ。Photoshopの
クロスプロセスのバリエーションとノイズ、それとレイヤーで
手描きで作ったテキスチャーを%落として被せてます。
このレンズの場合、Acolorを通すと濁りが出てくるのですよ。

>もう少し細部の再現性をキープすると..
そうですね、ノイズをかけず逆にピンが来てるところに
アンシャープマスクをかければそうなると思います。
この3点に関してはリアリティとは逆の方向の気分だったと思います。
印象派的な色の配置とある程度のフォルムの伝達が出来ればという
ことでしょうか。このノイジーな路線に関しては
基本はそういうことですが、対象によってノイズをかけずに素直に見せたい、
もうちょっとリアリティを感じて欲しいというものもありますね。
引きの遠景などの場合は、逆にもっとノイズをかけて抽象性を上げるとか..
そのあたりは割に対象によってアバウトでいいかな、と思ってます。
from. matsu | 2011/11/29 03:57 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>