カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
the tiny apples
 



サクランボではなくて、豆粒みたな小さなリンゴの樹。


枝振りが日本の梅のみたいで、完璧にジャポニズムしてますね。


絞って撮ることで遠近感を無くし壁紙的なフラットな構図に。


色調は、ここまでやるか!ってくらいのクロスプロセス的なトーンカーブ。


素材が持つカオスな雰囲気とマッチしているから、ま、いっか、って感じ。


梅の枝振り→浮世絵→ジャポニズム→印象派→ゴッホという連想ゲームの流れ。


頭の中は、完全にゴッホのハイキーな色調でした。









にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

元気の素のスイッチ・オン!ありがとうございます




crispy color comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/657
<< NEW | TOP | OLD>>