カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
early spring
 



展覧会の準備やその他雑多なことでバタバタな日々。


久しぶりにカメラを外に持ち出して歩く。


気温は相変わらず氷点下だけど


光が気持ち柔らかくなって、少しだけ春の気配。


といっても北の国の春の訪れはかなりゆっくり。







写真展は一日だけなので


一体全体、どのくらいの人が来てくれるのか、全く予想がつかず。


しかも地元の人たちと強い接点があったわけでもないし。


それでも春には西海岸へ引っ越す予定なので


ここでの生活の締めくくりという意味では


自分の中ではとても意味があります。


来てくる友人たちに「別れ」の言葉を告げる良い機会にもなるし。







今の予定では4月の終わりに引っ越し予定だけど


もろもろ決まっていないこともあり、流動的。


ブログの方も引っ越しの関係で、一旦閉めることになりそう。


場所が変われば写真も変わることだし。


それでもネット環境が整い次第、ブログは続けます。


3月一杯は現状のままで続けますので、よろしく、です。










にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ


nokton 25mm f0.95 comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんにちは。
matsuさんが展覧会をされると聞いて、どのような展示の仕方をされるのか、興味津々でした。
とてもいい雰囲気ですね。ゆっくりとお二人の写真をたのしめそうです。
この展覧会が1日だけとは、本当にもったいない・・・と思ってしまいました^^;
matsuさんの落ち着いたトーンの写真、ぜひプリントで拝見したいです。
もし行けるのならぜひ伺いたいのですが・・・
from. bikegon | 2012/02/10 12:42 |
こんにちは。
この雪の質感は私の想像を超えています。
うっすらと溶けて表面が皮膜のように華奢に凍っている?とか?
柔らかそうな窪みの影が綺麗ですね。
長く伸びた影も冬の空気を感じさせます。
西海岸へお引っ越しとのこと!!楽しそうですね〜^^
展覧会も楽しみですね。
写真で拝見したカンジでは、絵画のような端正さと無駄のない洗練されたディスプレイはmatsuさんの雰囲気、、でしょうか?^^
from. bouquet-n | 2012/02/10 18:03 |
bikegonさん

ありがとうございます。
あ、これ、フレーミングした後にテストでうちで撮ったものです。
会場の写真、もし撮れたらアップしますね。
プリントなんですが、エプソンの大型プリンターを持ってまして
紙もエプソンのマット系の上質アート紙を使ってます。
今回の私のトーンには合ってるようです。
from. matsu | 2012/02/10 20:09 |
bouquet-nさん

ありがとうございます。
そうです、表面が氷なんですよね。
雪景色というか、氷の世界。長い影とのハーモニーが綺麗でした。

引っ越しは、仕事のこととか全く考えてなくて
周りからは無謀!という意見も。w
私は岩手出身なんですが、やはり3.11の大地震で
価値観が変わってしまったところがあるようです。

人は人生をコントロールしてるつもりでも
実は運命に翻弄されてますから
だったら、最初からコントロールせずにその時の気分で
流れに身を置くのもあり、という気がします。
右へ流れても、左へ流れても、いずれ海に出るわけですし。w
from. matsu | 2012/02/10 20:24 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/740
<< NEW | TOP | OLD>>