カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
exhibition #2
 



プリンターの話をちょっとします。


今回の写真展で使ったプリンターは

EPSONのSTYLUS PRO4000という機種。

今まで主にイラストレーションなどデジタルイメージの出力に使ってきました。

もう購入して5、6年使ってますが、非常に良いプリンターです。

A3ノビより一回り大きいA2弱ぐらいまでの大きさまでOK。

インクは8色使用で色の再現性は文句なし。

今回はA3サイズをメインに、2点ほどそれよりも大きく出力。







紙は同じくエプソンのベルベット・ファインアート紙と

ウルトラ・スムース・ファインアート紙を使用。

私の場合、通常の写真印刷よりも版画風のテーストで

仕上げたいので少しテクスチャーを感じる紙を選んでます。

エプソンのファインアート紙が優秀なのは

マット系の色の沈みをほとんど感じさせないこと。

色が紙の中へ沈まないように特殊なコーティングがされてる模様。







ダクラスさんも、たまたま全く同じプリンターを所有していて

今回、彼はすべての作品を17インチ×22インチ(ほぼA2弱)の最も大きな紙で出力。

実はこの機種、ハイアマチュア、プロレベルではかなり使われています。

彼の写真スタイルは解像力の表現が鍵なのですが

大判サイズのプリントは文句無しの仕上がりでした。


私も以前、GF1で撮った絵画調の粒子を荒らしたものではない

比較的解像力の高いファイルを大きく伸ばしたのですが

全く問題ありませんでした。要は画素をいかに上手に補間するのか、

つまりシャープネスのコントロールの問題なんですよね。

もちろん、それ以上の大きさ、例えばB版のポスターサイズなどでは

無理がありますが、普通の人がそのサイズの大きさまで

伸ばして出力することはほとんど無いのではないかと思います。







ダグラスさんもGF2を一台持っており、そのプリント画像を

キャノンのフルサイズ機のそれと並べてみたのですけど(サイズはA2弱)

驚くなかれ、その差はほとんど何も感じませんでした。

むしろGF2のプリントの方が解像感が高かった印象です。

こういう比較は写真のテーマにより大きく変わりますし、使用するレンズの違いや

観る側の感覚の差は多いにあると思いますけどね。







今回、写真展のための一連のプリント作業を通じて思ったのは

今の写真スタイルでは、これ以上の画素数は必要がないということ。

なので今後もカメラは携帯性が高いMフォーサーズ機で行きます。






にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ



室内 comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








おはようございます。
写真展、大盛況で終わられて良かったですね!
WEBで拝見する限りでも、わぁ〜いいなぁ!と思いますもの、
実物を拝見したかったです(^^;)

お引越しを考えていられると言う事、また違ったお写真も
いつかは拝見出来るんですよね、楽しみにしています♪
from. wind | 2012/02/15 08:53 |
windさん

ありがとうございます。
今回は写真展の企画からプリント、搬入作業まで
とても楽しんで進めることが出来ました。
今後のための貴重な経験となりました。
生活する場所が変われば写真も変わってくると思います。
こちらも楽しみです。

そちらの写真も毎日、拝見しておりますよ。
人と空間の繋がりの表現がとても参考になります。
ところでレタッチはColor Efex Proをお使いですか。
ああ、ニコンのソフトは確かColor Efex Proが搭載でしたっけ?
周辺のトーンの調整、粒子の荒れ模様など何となく
私のプロセスと似ております。w
from. matsu | 2012/02/15 20:16 |
こんにちは。
お返事が遅くなって済みませんm(__)m

>ところでレタッチはColor Efex Proをお使いですか
はい、新しいバージョンでは有りませんが、最近のレタッチには
使っています。でも、ニコンのソフトは使ったことが無いので
そのあたりは知識が有りませんm(__)m

>周辺のトーンの調整、粒子の荒れ模様など何となく
私のプロセスと似ております。
光栄なコメント、恐縮しております。


from. wind | 2012/02/17 11:03 |
windさん

>はい、新しいバージョンでは有りませんが、最近のレタッチには..
やっぱりそうですか、周辺の落とし方、もしくは逆に明るくする感じなど
似てるなぁと思っておりました。しかしこのプラグ・インを使っている人は
そんなに多くないと思いますけど、どうなんでしょう。
しかし、あれですよね、手品の種みたいに同業者だけの内緒にしておきたい
ところはありますよね。なんて、こんなところで書いちゃったらバレバレですけど。w
from. matsu | 2012/02/17 20:06 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/745
<< NEW | TOP | OLD>>