カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
water snaps
 



実は先月の写真展のために


ポートフォリオ・サイトを作ったのですよ。


このブログのまとめみたいなもの。


今後の方向は、たぶん、この路線を煮詰めて


より抽象度を高めていくことになりそうです。


いろいろ悩む部分はあるのですけど、


自分が今、持ってる感覚資産を考えると


それはレンズの解像を追いかけるフォト・リアリズムとは


まったく逆の方向という気がするのです。


そこにある景色を100%描写するのではなくて


30%だけ上澄みをすくい取り、あとは想像してもらう、みたいな感じかな。


このサイトは、その過渡期の寄せ集め的なものになってますけど


それでも、このステップは自分には必要なものという気もします。




kern switar 25m comments(6) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








ポートフォリオ・サイト、見せていただきました。
どの写真もやっぱり素敵です。
リンクする記憶は人によって違うはずだけれど、何かしら共感するものがあるのでしょうね・・・
matsuさんの写真はそれを呼び起こしてくれるのだと思います。
from. bikegon | 2012/03/08 00:51 |
bikegonさん

ありがとうございます。
そちらとは近い感覚を感じます。
ピクトリアリズム系のブログ、楽しみに拝見してます。
from. matsu | 2012/03/08 09:23 |
ポートフォリオを見せて頂きました。
サイトを紹介して下さりありがとうございます!

今後の作品がどのように変わっていくか・・・
大変興味深く思っています。

写真の中に吸い込まれていく・・・
そんな感覚を覚えるのです!
from. suzu. | 2012/03/08 10:54 |
ポートフォリオ・サイト拝見させていただきました♪
大好きだった作品もあって、やっぱりとても素敵だな〜って思いました(^^)
画像解明度をとても重要視なさる方もいらっしゃいますが、写真ってそれだけはありませんね。
それぞれのこだわりや好みがあってとても奥の深い世界ですね。
私はまだこれだといえる物が見つかりませんが、とにかく写真が大好きなのでこれからも色々吸収して作品に繋げたいと思います。
from. cherry-mmm | 2012/03/08 18:35 |
suzu.さん

ありがとうございます。
カメラは景色を簡単に写してくれますが
それは自分が心から撮りたいものを撮ることとは
違うようです。その距離があるから楽しいのでしょうね。
結局、機材と向き合うのではなくて自分と向き合う
必要があるということでしょうか。
from. matsu | 2012/03/08 21:21 |
cherry-mmmさん

ありがとうございます。
凄く写っている世界、あまり写さない世界。
どちらも面白い写真の世界ですよね。
私はたぶんあまり写さない世界が好きなのだと思います。
写さないために何が必要なのか、これから考えたいです。
from. matsu | 2012/03/08 21:22 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://montreal.jugem.jp/trackback/768
<< NEW | TOP | OLD>>