カナダでその日ぐらし20年男、絵と写真の制作メモ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
パターン
 JUGEMテーマ:写真

LUMIX GF1 + Ps CS4



日本で撮ってきたものを眺めてみてあらためて思ったことは、

自分の視点は対象物が持つ形や色のパターンであって、

対象物そのものにはさほど興味がないらしいということです。

形や色のパターンって、つまりはデザインということかな。

写真が醸し出す中途半端な叙情性みたいなものを

デザインや構図で閉め出したいという気持ちがなぜか強いんですよね。



LUMIX GF1 + Ps CS4



今回、素材は多少アンダーぎみに撮ったということもあり、

比較的コントラストがついたものが多いです。

カメラ本体の色調もセッティングで相当いじれるらしいのですが、

とりあえずはノーマル設定。色は地味めに出てくれるので、色調整は案外楽です。

今のところ元素材をベースに、あまり逸脱した色調はしてませんので、

何となくGF1というか、パナの特性みたいなものは感じられるかもしれません。

といっても普通の人に較べたら、やはりそこそこいじってますかね。w

それと日本の空気感というのもやはりこちらとは違うので、

そのあたりの差は当然出てきてるとは思います。



新しい機材、試行錯誤してます

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
建物 comments(8) trackbacks(0)
直線の場所
 JUGEMテーマ:写真

EOS Rebel XSi + ANALOGCOLOR + Ps CS4




郊外にある大きなショッピングセンター。

広大な敷地には直線で作られた箱(ショップ)が綺麗に並びます。

カメラを通じて眺める景色が普段のお散歩風景とは全く違います。

でもバウハウスっぽい雰囲気もあって直線が妙に気持ちいい。

余分なものがついてないということはそれだけで価値がありますね。



EOS Rebel XSi + ANALOGCOLOR + Ps CS4




10日間ほど留守にします。

蔵出しシリーズとしてストックの写真を

自動アップするように設定しておきますので

引き続きブログの方へはお越しくださいませ。




留守の間もお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
建物 comments(2) trackbacks(0)
2番シャッター
 JUGEMテーマ:写真

EOS Rebel XSi + Ps CS4





2番シャッターの前は、駐車厳禁です。

ここは近所の小さな消防署の前。

シャッターの向こうには消防車が待機してます。

まあ、滅多に出動機会はないでしょうけど。

それにしても木製のシャッターとは渋い。




ここで待機してます、応援のほど

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
建物 comments(0) trackbacks(0)
野外ギャラリー
 

EOS Rebel XSi + Ps CS4



再び高速道路下の野外ギャラリーへ。

この日は薄曇りで割と好みの光。

コンクリートと曇り空のグレーが滲むように浮き上がってくる。

快晴の光は大体コンクリートのデリケートな質感をスポイルします。


手前のシンプソンズのスケボー画は、丁度ギャラリーの最初の作品。

もう少しアート性が高い方が好みですが、まあ、もしかして

中学生くらいの子が描いたのかも知れず、何とも言えません。

2012年の地球大異変の後に、この橋桁とグラフィティが生き残り

後世に伝えられたらちょっと困りもの。

なにせ数万年前の原始人が描いたアルタミラの洞窟画は

芸術レベルが相当に高いですからね。



EOS Rebel XSi + Ps CS4






2クリックの応援が心の支えです

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
建物 comments(0) trackbacks(0)
氷上の大橋
 

EOS Rebel XSi + Ps CS4




トランス・カナダ・ハイウェイは、

カナダ全土を横断する大陸自動車道。

モントリオール島から西に繋がるこの橋は4車線でかなりの大きさです。

散歩の途中、偶然にこの橋桁に通じる道に出たのだけど、

川が完全に氷っていることもあって橋の真下へ。

田舎暮らしのため、普段、巨大な人工物を撮る機会はありませんが、

氷ついた川から見上げるおもしろいアングルなので

ついシャッターを押してしまいます。



EOS Rebel XSi + Ps CS4




なかなかおもしろいスポットで橋桁の大きなスペースでは

無名のグラフィティ作家たちの大作も何点か発見。

橋桁が回廊のように延々と続き、まるで巨大なギャラリーのようです。

この近所に何年も住んでますが、こんな空間は全く知りませんでした。

大きな橋とそれを取り囲む自然環境の対比がとても印象的。

シリーズで何点か作品を残せそうな興味深い場所です。



EOS Rebel XSi + Ps CS4


応援のクリックをお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
建物 comments(2) trackbacks(0)
石の追憶

 

EOS Rebel XSi + ANALOGCOLOR




この手の古い石垣は、Dry stone wallといって

自然石を接着剤も使わずにただ組上げたもの。

遥か昔、スコットランドの古典的技法を石職人の移民が持ち込んだとのこと。

ニューイングランド地方と言われるアメリカ東海岸や

カナダの東側では、比較的よくこの石塀を見ることができます。

散歩の途中にしばし立ち尽くして、迷路のような石のパターンを眺める。

大きさのバランスや色のハーモニーから学ぶこと多し。




2クリックの応援が心の支えです

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
建物 comments(2) trackbacks(0)
雪の教会
JUGEMテーマ:写真 

EOS Rebel XSi + Ps CS4






教会の写真は、

なぜか正面で引きがほっとします。

概念としてのその存在が大きいので、

アングルなどでその意味合いを強調させたくないのかも。

形としては写したいけど、

その意味にはあまり関与したくないという気持ち。

純粋に形を形としてだけの認知させるためには、

ミニマリズム的な思考法が必要かも知れません。

それは要素をシンプルに削ぎ落としていくという作業。

写真というある意味、受動的な媒体で、

能動的にそれが出来ればもっと世界は広がるはず。






参加してます。応援してくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ
建物 comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/2 |